【子供向けプログラミング学習】ナインタイルで遊んでみよう。プレイ動画

【子供向けプログラミング学習】ナインタイルで遊んでみよう。プレイ動画

こんにちは、沖縄市にあるプログラミング教室「AID IT.KIDS(エイド)」のミチノリです。今日も子供たちと一緒に学んでいます。写真が暗めになってしまい申し訳ありませんが、今日も元気です。

 
エイドは2017年に開校しましたが、もう少しで4年の月日が流れます。エイドは少人数制の教室なので、1回の授業で受け入れている生徒数は最大で9名までとなっています。

開校当初は生徒数も少なかったのですが、多くの子供たちとの出会いがあり、今では生徒数もかなり増えました。様々な経験をさせて頂き、本当にありがとうございます。
 

この日も多くの子供たちが集まり、プログラミング学習をしました。エイドでは教室に通って頂く際に、「何曜日の何時クラス」といった感じで、毎週決まった時間に授業を受けて頂いています。(ご予定がある際には、ご連絡を頂く事で別日に振替可能です。

同じ時間帯の子供たち同士でコミュニケーションが生まれて、友達になっていく光景を見るのも楽しいものですよ。

エイドでは、パソコンを使ったプログラミング学習以外にも様々なものを教材として使っています。以前にも書いたのですが、授業が終わって少し時間に余裕があったので、「ナインタイル」というカードゲームで遊んでみました。

「ナインタイル」の基本ルールは、それぞれの手元にある、9枚のタイルを自由に動かしたりひっくり返したりして、誰よりも早くお題どおりに並べるだけ。タイルの裏表には6種類の模様のいずれかが描いてあります。

ルールは簡単ですが、タイルの裏表の組み合わせをよく考えないとうまく揃いません。すばやく並べるためには、判断の早さと記憶力が大事です。

引用元:ナインタイル – Oing Games

こちらがナインタイルをプレイしている様子です。先ほども書きましたが、ナインタイルは見本の絵と同じようになるように、自分の持っている9枚のカードを組み合わせていくゲームです。

シンプルなルールですが、相手に負けたくないという気持ちも働いて非常にスピーディーにゲームが進行していきます。

もたもたしている暇はないゲームです。かなりスピーディーに進行しますので、実際のプレイ動画もご覧ください。

 

ナインタイルのプレイは短時間ですが、かなり頭を使って集中力が必要になるゲームです。カードの絵柄を覚える「記憶力」と「閃き」と「瞬発力」が必要になるゲームです。

めちゃくちゃ面白いゲームですが、ずーっとやると体力を消耗して集中力が続かなくなってしまうので、15分程度を目安にやってみると良い学習になると思います。

エイドではパソコンを使ったプログラミング学習以外にも、コンピュータの勉強だったり、カードゲームやボードゲームを使った体験も積極的にやっています。今後も子供たちの反応が良くて面白いと思ったゲームがあればご紹介していきたいと思います。

今日は以上です。ありがとうございました。

 

スクールNEWSカテゴリの最新記事