AID IT キッズ 講師紹介

こんにちは、AID IT KIDS(エイド IT キッズ)代表のミチノリです。エイドは、沖縄の子供たちがインターネットの世界に触れたり、プログラミング学習を身近なものとして「体験&経験」し続ける事が出来る場所を目指しています。

より身近に、かつ気軽に勉強が出来る「IT&プログラミング専門の寺子屋」だと思って頂ければ幸いです。

 

■代表者プロフィール

渡慶次道規 – トケシミチノリ

2006年よりWEBプログラマーとしてITの世界へ。2008年より、沖縄県だけでなく、日本国内、海外にて事業展開する企業にてWEBメディア編集長や行政・大手企業向けプロモーション担当など、WEBに関するあらゆる業務を経験。タイ・バンコクでの業務を経て独立。2017年よりAID(エイド)を立ち上げ、自身も3児の父として幼少期からのICT&プログラミング教育を担う。

AID IT KIDS(エイド IT キッズ)は、少人数制のプログラミング教室です。現在、5名の先生が授業を担当しています。男性だけでなく、女性の先生も在籍しています。

小学生からでもプログラミング学習は出来るの?

よく頂く質問の1つに「小学1年生からでもプログラミング学習は出来ますか?」という内容があります。

結論から申し上げますと「出来ますよ!」とお答えしています。

たしかに学年が高い方が、理解するスピードは早くなりますが、小学1年生でもプログラミング学習をスタートする事は出来ます。AiD IT.KIDSでは幼稚園生から受け入れています。

プログラミングとは、コンピュータに対して命令を与えて動かしていく事です。

自分の頭の中にある「こうしたい!」という想いをプログラミング言語を使ってコンピュータに伝えていく経験は、ゲーム感覚で楽しく学習していく事が出来ます。

最初から専門性の高い高度なプログラミングが出来る子供はいませんので、少しずつ、継続し続けながら学習を行う事で、身に付けていく事が出来ます。

子供たちの特性や性格に合わせてカリキュラムや教材を柔軟に変えられる所は、個別学習を行っている当校の特徴です。


英語クラスを担当しているネイティブの先生も在籍しています。まずはお気軽に体験教室へとお越し下さい。