【沖縄で学ぼう】プログラミング学習は模倣と継続から!

【沖縄で学ぼう】プログラミング学習は模倣と継続から!

こんにちは、エイドのミチノリです。IT、WEB、プログラミングの世界では、先人達が創り上げてきた素晴らしい技術や考え方を模倣して学習し続けるコトで自らの技術力を高めて、さらに新しい世界が生まれていきます。

いかに新しいコトを想像し続けていけるかが、ITの世界では重要なのですが、そのためには当たり前ではありますが「勉強+経験=レベルアップ」の積み重ねが必要です。

自らの知識とするためには、プログラミング学習においても繰り返し反復し続ける事が大切です。

子供たちにも、プログラミングを自らの技術として身につけてもらえるように、繰り返しの学習を行っています。

一例ですが、日本が誇る偉大なゲーム「スーパーマリオ」風のゲームを作ってみよう!とテーマを定めた場合には、子供たちと一緒にその一つ一つの動きを考えて再現出来るように、動きを本物に近づけていく事でとても多くを考える事が出来ます。

ドンキーコングから考えれば、1983年まで遡るのでとても歴史が深く、かつ今も最前線にあり世界中で愛されているゲームです。子供から始められるプログラミング学習ツールであるScratch(スクラッチ)でも、色々と試行錯誤していく事でスーパーマリオの世界観を再現したゲームを作る事が可能です。

今も昔も大切な事はしっかりと学習をし続けていき、新しいコトを考えて創造し続けていく事だと思います。エイドは沖縄の子供向けプログラミング教室ですが、子供たちだけでなく、保護者やメンター(先生)もまた同様に学習し続けていく事で、より良い環境が生まれていくと考えています。

子供たちだけがITを学びプログラミングを理解するのではなく、保護者も一緒に理解していける環境が創れるように、試行錯誤していきたいと思います。

スクールNEWSカテゴリの最新記事