【プログラミング】sphero mini(スフィロミニ)を動かしてみよう

【プログラミング】sphero mini(スフィロミニ)を動かしてみよう

こんにちは、AID IT.KIDS(エイド)のミチノリです。今日はプログラミング教材として人気の高いSphero(スフィロ)について書きたいと思います。sphero(スフィロ)はボール型のロボット・トイです。エイドでは「スフィロ ミニ」を学習教材として活用しています。
スフィロミニでは、顔の表情で操作できる「フェイス・ドライブ機能」や、スマートフォンで動きを操作できる機能があり、sphero edu(スフィロエデュ)アプリを使ってプログラミングまで可能です。

sphero(スフィロ)mini はピンポン玉のサイズです。小さなボールなのですが、その中に秘められたポテンシャルは非常に高いと思います。

実際に手で持ってみると、このぐらいです。一見するとただのボールなのに、スマートフォンで操作が出来て、かつ動きのプログラミングまで可能だなんて、僕が子供の頃には想像も出来なかった知育玩具です。

普段からスマートフォンを使っている子供は多くなっていますが、動画を見たりゲームをするのではなく、見知らぬ球体がまるで自分の思っている通りに動き、かつその動きをプログラミングを行う事で制御できる体験と経験は、とても良いものだと思います。

昨日までは一度もやったことの無い事でも、すぐに理解し吸収して使いこなせるように試行錯誤する子供たちの姿にも感心させられる毎日です。

AID IT.KIDSは、ITとプログラミングの寺子屋です。楽しく考え続ける事が子供たちには大切な事の1つだと考えています。先生であるエイドの私達が使い方とその意味を伝え続けることで、ただの遊びではなく考える事で論理的思考力などを身に付けていくための学習になっていきます。

mBotや他のプログラミングロボットと同じ用にsphero(スフィロ)を使った学習も継続していきたいと思います。sphero eduを用いたプログラミングの様子についても、今後レポートしていきますのでお楽しみに。

スクールNEWSカテゴリの最新記事