【体験教室】sopoさんから10名の子供たちがプログラミングを体験しました!

【体験教室】sopoさんから10名の子供たちがプログラミングを体験しました!

こんにちは、AID IT キッズのミチノリです。今日は「sunny side house söpö」さんから10名の子供たちが体験教室に参加されました!sopoさんのサマースクールに参加されている子供たちです。(小学1年生~4年生まで)夏休みのIT&プログラミング体験です!

 

sunny side house söpö
 ママ、ベビー&kidsのお店
 北中城村島袋1429CH-1

 

貴重な夏休みの時間をAID IT キッズで過ごして頂いてありがとうございます!

まずは10名全員でScratch(スクラッチ)を使ったプログラミング体験を行いました。AID IT キッズで体験教室をしてくれた子供たちを見て感じている事ですが、1年生でも十分にスクラッチを使ったプログラミングが出来ています。

 

1年生の場合は、条件分岐が多くなるプログラミングは出来なくても、見て楽しめたり、動きのあるアニメーションが作れたりします。ほぼ初めて触ったであろうパソコンで、ゆっくりですが確実にローマ字入力でタイピングをしている姿を見ると、とても感心してしまいます。

2年生、3年生と学年があがるにつれて、かなり理解のスピードも操作のスピードも上がっていきます。

今回の体験教室では、Scratchで遊んだ後に、少しだけロボット(mBot)を動かしてみました。

今回は本当に少しの時間だけでしたが、mBotや、子ども向けのプログラミングロボットは、そのインターフェースでScratchに準じているものが多いと思います。プログラミングは「WEB」の世界だけではありません。パソコンやスマートフォンだけでなく身の回りにある様々な機械はプログラミングによって作られています。

 

僕が小学生の頃には、インターネットに触れる機会は全くありませんでした。中学生の最後の方で、ほんの少しだけポケベルを使っていた世代です笑。時代は変化し続けており、もはや子供たちにとってもインターネットに触れない日は無いかもしれませんね。

AID IT キッズでは、プログラミング学習だけでなく、ICTメディアリテラシー学習など、パソコンやインターネットの基本的な知識を習得するための授業も積極的にやっていきたいと考えています。今後も多くの変化が訪れる中、子供たちがどのように成長していくかが楽しみですね。

 

AID IT キッズでは体験教室の参加者を募集しています。教室で一度に実施出来る人数は最高10名までとなりますが、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

スクールNEWSカテゴリの最新記事