沖縄の子供達がプログラミング学習を理解していると感じる瞬間

沖縄の子供達がプログラミング学習を理解していると感じる瞬間

こんにちは、エイドITキッズのミチノリです。今日は、子供達がプログラミング学習を続けていく中で、「1つ上のステージに上がった!」と感じる瞬間についてお話したいと思います。

 

子どもたちがプログラミング学習を続ける中でのレベルアップを感じる瞬間。それは「予定をしていた学習内容を超えて、新たなプログラムを追加する」ことで感じる事が出来ます。子どもたちの中で、応用する力が芽生えている事を実感できる瞬間ですね。

 

一言で、「プログラミング」と言っても、非常に多くのプログラミング言語があります。

子ども向けのプログラミング教室で考えても、パソコン用、スマートフォン用、ロボット用等、プログラムを組み動かしていく端末は異なります。

Scratchは子ども向けのビジュアルプログラミング言語として知られていますが、プログラミング言語で共通している基本的な概念を学ぶことが出来ますし、しっかりと難易度の高いゲームを創る事も出来ます。

 

継続的に学習を続けていくと、Scratch(スクラッチ)でのプログラミングに関する基本的なルールや概念を覚えていくので、想定をしていた枠を超えた応用力を感じるプログラミングができるようになっていきます。

学習時間によって理解度や進行スピードは異なりますが、例えば、今日はスプライト(キャラクター)を3つ使って、こういったゲームを創ります。というお題を与えたとします。

 

学習をスタートして間もない子どもたちの場合は、予め決めていた部分までプログラミングを行っていき、想定された所までゲームを創る事が出来ますが、継続的に学習を続けている子どもたちの場合では、サンプルとして組んだプログラムのルールや条件を頭の中で理解し、新たなキャラクターを追加して、ゲームに新しい条件やルールを加えていく事が出来ます。

自分で考えたイメージをプログラムで具現化し、さらに頭の中で思っていた通りに動いたのであれば、その瞬間の新しい体験は、より良い経験になると思います。

 

ITやプログラミングの世界では、常に新しいサービスが生まれており、古い概念に縛られる事は他の世界よりも少ないと思います。人間は縛られると動きが鈍くなり、進化のスピードも落ちていくと思います。

プログラミング学習とは、より良いものを考えて、より新しい体験と経験を身に付けていく事ができる習い事です。古いものを壊して新しいものを創造する事が、IT、WEB、プログラミングの世界では求められているのです。

今後も沖縄の子どもたちの為に、少しでも新しい良い体験と経験を感じてもらえるように頑張りたいと思います。

 

スクールNEWSカテゴリの最新記事